保険のこと。

スポンサーリンク

保険は万が一の備え。
他に備えがあるなら、入らなくて良い。
必要なものを必要な分だけ。

スポンサーリンク

生命保険

月に30万円あれば、暮らしていける。

夫に万が一があったときには、遺族年金がある。

子が18歳までは、遺族基礎年金が年779,300円+子の加算224,300円。
これに遺族厚生年金(少なくても年12万円?)が加わる。
合計で年間112万円程度。

子が18歳を超えてから妻が65歳までは、遺族厚生年金+中高齢寡婦加算585,100円。
合計で年間70万円程度。

妻が65歳を超えたら、老齢基礎年金781,700円+遺族厚生年金。
合計で年間90万円程度。

公的保障だけだと年間220〜300万円足りない。

まずは、掛け捨ての収入保障保険。
FWD富士生命で、年間保険料7万円ほど。
夫が75歳になる前月まで月額15万円、年間180万円の保障。

残り40万〜120万円。

これならひとり親でも稼げなくはない。
もしくは株式配当など、不労所得で備えておけば。

医療保険

公的医療保険(健康保険)で、大抵のことには備えられる。

火災保険(家財保険)

民間の賃貸住宅では、契約でほぼ義務づけられている。
都営住宅では任意だが、もらい火などの可能性もあるので保険で備える。
都民共済の家財共済で、年4,400円。
民間の保険会社に比べれば、かなり割安。
割戻金もあるので、実質の負担はさらに軽くなる。

個人賠償責任保険

子どもが歩き回るようになったら、家族で備える。

コラム
スポンサーリンク
はちをフォローする
hrmr.me