ポップコーンのこと。

NO IMAGE

ポップコーンは意外とヘルシー?

ポップコーンといえば映画館をイメージする方も多いですよね。

もしくは西田ひかるがTV CMをしていたハウスの「アメリカンポップコーン」。ポテトチップスよりもポップコーンにアメリカを感じてしまうのは、西田ひかる世代だからかもしれません。そう言えば、たけし軍団の双子コンビもいましたね。

なので、おうちでポップコーンという習慣がなかったわけではないですが、殻みたいなのが歯に詰まるし、たまに弾けてない硬いのが混ざっているしで、進んで欲しがる子供ではなかったように記憶しています。

しかし、大人になってポップコーンについて調べてみるとそんなイメージが少し変わりました。

  • ポリフェノールの抗酸化作用
  • 低脂肪・低カロリーで食物繊維が豊富
  • 全粒穀物100%のスナック菓子。

おやつとして、結構カラダにいいのではないでしょうか?

もちろん、べったりと味と色が付けられた流行りのおしゃれポップコーンではなくて、シンプルにコーンを爆ぜさせたポップコーンです。

市販品でも十分シンプルなものがありますが、できれば油を使わず味付けも抑えめにしたいものですよね。

そこで「おうちポップコーン」のために買ってみようかなリストを作ってみました。

自宅でポップコーン

Lekueのポップコーンメーカー

おしゃれだし収納もしやすいけど値段が高い。

和平フレイズのポップコーンメーカー

見た目はちょっとあれだけど安い。

原料コーン

原料は安いもので1kg500〜600円、有機だ何だにこだわると4倍くらい?

コンビニやスーパーなどのPB製品が100gで100円、2017年に60周年を迎えるNo. 1ブランド「マイクポップコーン」が50gで80〜100円くらいで販売されています。

間食がナッツとドライフルーツだけだと飽きてしまうし、ジャンキーだと思っていたポップコーンが意外にヘルシーなおやつだったのなら、自宅のレンジでポップコーン作るのもよさげに思えてきた、という話でした。

おまけ

9月9日は「909」を反対から見ると「POP」に見えることから「ポップコーンの日」だそうです。

  • ポップコーンにはバタフライ型とマッシュルーム型がある
  • ポップコーン100gにはレタス4個分(約9g)の食物繊維が含まれている

POPCORN LIFE|ジャパンフリトレー株式会社

生活費・節約カテゴリの最新記事