食洗機対応の汁碗選び。

スポンサーリンク

食洗機を買っただけで、食器洗いがゼロになるわけではない。

食洗機対応の食器、食洗機に納まる食器を揃えないと。
素材とサイズ。

困るのが汁碗。
無印良品の河和田塗を使っていたが、木製も漆器も基本NG。

スープボウルやシリアルボウルで代用できなくはない。
ただ、熱いものを入れて手で持ち上げて食べるのに向かない。

100均やホームセンターに、食洗機対応の木目風や漆器風はある。
しかし業務用ならまだしも、家庭で使うには安っぽく手触りもよくない。

越前漆器には食洗機対応の汁碗がある。
福井大学との産学官連携で開発された洗える漆。
「漆琳堂」や「松屋漆器店」「久右衛門」など。
直径12cm前後の中サイズで1点2,000円〜4,000円ほど。

松屋漆器店の入れ子椀(中)

最もリーズナブルだった松屋漆器店で、黒と朱を1点ずつ購入。
漆器らしい風格と手触りにも満足。
次は、麺や丼ものに使える大椀を買いたい。

炊事
スポンサーリンク
はちをフォローする
hrmr.me