小ぶりなダイニングテーブル

スポンサーリンク

ダイニングテーブルを買い替えました。

これまで使っていたのは、同棲時代に目黒のACME Furnitureで購入したWarner Dining Table。
天板がヘリンボーン張りになっていて、カトラリー用の引き出しもついた重厚なもの。
1,600mm×850mmの巨大サイズで、食事だけでなくワークデスクとしても活躍してくれました。

が、如何せんデカい。
妊活と並行して、立地優先で引っ越したため、狭い家でかなり場所を取ってしまうことに。
さらに、空いたスペースにモノを置きがちで、部屋全体が散らかった印象に。

子供の遊べるスペースを確保するためにも、思い切って小ぶりなダイニングテーブルにしよう。
そこで見つけたのが、maruni60のオークフレームラウンドテーブル100。

これが大当たり。

ダイニングチェアもマルニ木工のRoundish Chairなので、並べたときの相性も良い感じ。
子供用のSTOKKEのトリップトラップは、天板のすぐ上にトレイが被さるので、家族みんなが1つのテーブルで食事をしている雰囲気に。

住まい
スポンサーリンク
はちをフォローする
hrmr.me