日々の倹約、たまの贅沢。

無駄なお金や時間、手間をかけずに気持ちよく暮らすためのウェブマガジン

外食費の節約 打合会議費の節約 節約

上島珈琲店でコーヒー代を節約・割引する方法

2017/05/06

UCCが展開する「上島珈琲店」「珈琲館」などの喫茶店で、コーヒー代や食事代を安くする方法をまとめてみた。

スマートフォンアプリ「上島珈琲店・珈琲館」

スマホの位置情報を使って、近くのお店が時間&枚数限定で発行している時限クーポンを取得できるアプリ。会計から20%割引など一般のクーポンより特典率が高いので、まずは時限クーポンが発行されていないかチェック。

現金払いよりお得になる「プレシャスカード」

プレシャスカードは、UCCの店舗で使えるプリペイドカード。年会費や個人情報の登録も不要で、店内での支払いに利用できる。

チャージ額に応じてポイントが貯まる

プレシャスカードは店頭やオンラインで簡単にチャージでき、チャージ金額に応じてポイントが付与される。

  • 1,000円→2%
  • 2,000円→3%
  • 3,000円→5%

3,000円入金するだけで、カードには3,000円+150円分のポイントがチャージされる計算になる。入金を現金ではなくクレジットカードにすれば、カードのポイント還元も受けられてさらにお得に。

利用額に応じてポイントが貯まる

プレシャスカードでの支払い時に、利用金額の5%がポイント還元される。

  • 1,000円→50ポイント

チャージと利用で最大5%+5%=10%もポイントが貯まる計算に。

ただし1年間利用がないとカード自体が無効になり、返金もできないようなので、たまにしか使わないという人は注意が必要。

60歳以上なら「とくとく年間パスポート」

60歳以上ならプレシャスカードに「とくとく年間パスポート」をつけることができ、プレシャスカードでの支払いでドリンク1品50円引きになる。実施店舗には店頭に「とくとく年間パスポート実施店」のステッカーが貼られている。

電子マネー・クレジットカード対応状況

「上島珈琲店」「珈琲館」ではクレジットカードでの支払いはできない。電子マネーは店舗によってSuicaやPASMOなどの交通系ICカード楽天Edyに対応しており、都内ではほとんどのお店でどちらかの電子マネーが使える。

SuicaやEdyへのチャージにポイントが付与されるクレジットカードを使えば、ポイント還元率分だけお得になる。

福利厚生サービスで10%OFF

クラブオフベネフィット・ワンなどの福利厚生サービスに加入している人は会計から10%OFFになる。

-外食費の節約, 打合会議費の節約, 節約