年金

夫は小規模企業共済に月3万円で加入しています。

小規模企業共済 小規模企業共済制度は、国の機関が運営する経営者や役員、個人事業主などのための退職金制度です。 掛金は全額が所得控除 掛金は月1,000円から7万円まで500円単位で自由に決められ、加入後に増減もできます。 契約者は会社ではなく経営者や役員個人なので、掛金は個人の口座から振替で払い込み、全額が小規模企業共済等掛金として所得から控除できます。会社の損金や個人事業の必要経費にはできません […]

夫婦に固定人件費31万7,838円を計上しています。

固定人件費 財務省の「法人企業統計調査」では、人件費を次のように算出しています。 人件費=役員給与+役員賞与+従業員給与+従業員賞与+福利厚生費 福利厚生費とは「法定福利費、厚生費、福利施設負担額、退職給与引当金額等、給与以外で人件費とみなされるものの総額」を指します。 人件費のうち、給与や法定福利費など固定的に計上しているものについてまとめました。 給与・賞与 役員給与(夫) 17万9,000円 […]

夫には月給17万9,000円支給しています。

夫には経営全般を担わせ、月給17万9,000円を支払っています。 その理由について解説します。 健康保険 健康保険は、協会けんぽに加入しています。 健康保険料(兵庫県) 標準報酬月額 15等級(18万円) 保険料は全額で月1万8,108円(会社と折半で9,054円ずつ)で、これに加えて会社で「子ども・子育て拠出金」(標準報酬月額の0.23%)を414円負担しています。 ちなみに国民健康保険(東京2 […]

妻には月給8万3,300円支給しています。

妻には総務の補助業務を任せ、月給83,300円を支払っています。 その理由について解説します。 健康保険 健康保険は、夫が加入している協会けんぽの被扶養者になります。 被扶養者の要件 配偶者 年収130万円未満(60歳以上又は障害者は180万円未満) 収入が扶養者の半分未満 1つ目の条件は、妻なのでクリアです。 2つ目の条件も、年収99万9,600円<130万円なのでクリアです。 3つ目の条件は、 […]

月400円で年金が増える!! 国民年金の付加年金制度

個人事業主必見の年金制度「付加年金」 自営業や個人事業主をやっていると収入が安定しない上に、会社員や公務員に比べてもらえる年金が少ないことも将来への不安を高める原因になっています。 個人型確定拠出年金や個人年金保険で資産運用する方法もありますが、国民年金にわずかな金額をプラスするだけで受け取れる年金を増やす方法があるんです。それが「付加年金」です。 付加保険料の納付のご案内|日本年金機構 付加年金 […]

電気・ガス・水道から税金・年金まで!! 固定費でコツコツ貯まるマイルを侮るなかれ

こんにちは!ANAマイラーの幸左衛門です。 1件で数千、数万マイル貯められるポイントサイトの高額案件に比べれば、クレジットカードの決済で貯められるポイントは微々たるものですよね…… マイル還元率1%のANAカードで年間100万円決済してようやく1万マイルです。だからと言って使わなければ、0マイル。どうせ同じ金額を支払うなら、日々の生活の中でもマイルが貯まるクレジットカードで払った方がいいのは言うま […]

国民年金の2年前納制度について

2014年4月から国民年金保険料を最大2年分までまとめて前納できるようになりました。毎月納付する場合ともらえる年金額は同じなのに、納付する保険料は少なくて済むお得な制度です。ただし、前納するには毎年2月末までに手続きが必要です。 前納するメリットは? 2015年度の国民年金保険料額と前納による割引率をまとめてみました。 納付額 割引額 割引率 翌月納付 15,590円 0円 0.00% 当月納付( […]