そば屋のカレーならぬ「立ち食い蕎麦屋のカレー」が侮れないとのこと。

シェアする

「そば屋のカレー」というと、だしを隠し味に片栗粉でとろみをつけたルーに肉や白ネギなどが入った和風のカレーを想像する人が多いだろう。カレーライスではなくカレー丼。カレー南蛮・カレーうどんの元祖とされる中目黒「朝松庵」が最初に出したともいわれ、そば店には独自のカレー文化が築かれてきたと言える。

一方、立ち食いそば店の中にもこだわりのカレーを出す店がある。

よもだそば

日本橋と銀座にある「よもだそば」。一見、ごく普通の立ち食い蕎麦店なのだが、看板には「本格インドカレーの店」としっかり書かれている。
よもだカレーライス 490円(半カレー 270円)
かけつゆをベースに骨付き鶏モモ肉と玉ネギ、トマトをじっくり煮込んだ自家製の本格インドカレー。

よもだそば 日本橋店

東京都中央区日本橋2-1-20 八重洲仲通りビル1F
平日7:00〜22:00 土日祝10:30〜15:00

よもだそば 銀座店

東京都中央区銀座4-3-2 銀座白亜ビル1F
7:00〜22:30 無休
よもだそば

丹波屋

ニュー新橋ビルにある「丹波屋」。メニューの隅のご飯ものの欄にひっそりとインドカレーの文字がある。

インドカレー 450円(ミニカレー 280円)
代々受け継いでいるというネパール留学生のアルバイトが毎日4時間かけて作る本格ネパールカレー。カレーの提供は11時くらいからで無くなり次第終了とのこと。

丹波屋

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル1F
7:00~23:30 日祝休
丹波屋[食べログ]

スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


日々の倹約、たまの贅沢。の最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク