ポイントサービス攻略【Pontaポイント編】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Pontaポイントとは?

今ではTポイントに次ぐ規模となったPontaですが、もともとは三菱商事が中心となって始まったポイントサービスで、三菱系のコンビニエンスストアであるローソンとTSUTAYAと並ぶレンタルビデオショップのゲオ、昭和シェル石油などが独自に行なっていたポイントサービスを移行して、参加しました。その後、リクルートとの提携やJALの加盟などがあり、利用者は6000万人を突破しました。

ポイントサービスの概要

運営 ロイヤリティ マーケティング
サービス開始 2010年3月
ポイント有効期限 最終利用日から1年
加盟店数 73社
カードの種類
  • ポイントカード
  • クレジットカード
  • JCBプリペイドカード(おさいふPonta)
スマホ対応
  • Pontaカード(バーコード)
  • ローソンモバイルPonta(おさいふケータイ)

Pontaポイントの価値

Pontaポイントは、1P=1円として提携店で利用できます。

【超お得】ローソンお試し引換券

Loppiで発券できるローソンお試し引換券に交換すれば、1P=2〜3円相当分として利用できることもあります。

Pontaポイントの現金化

Pontaポイントを直接現金化する方法はありません。

100P=83円相当でLINEギフトコードに交換し、LINE Payなどにチャージして利用できます。

Pontaポイントのマイル化

Pontaポイントは、1P=0.5マイルでJALマイルに交換できます。

マイル化の条件は、①交換単位は2P以上、2P単位。

ANAマイルへの交換ルートもありますが、手間がかかる上に還元率も低いため、あまりおすすめしません。(Pontaポイント→JAL→JR九州→クレディセゾン→ANAというルートで、10P=3マイル)