新大久保周辺でおかわり自由のワンコインダルバート5選

NO IMAGE

新大久保でダルバート

今回のワンコインランチは、ネパールの定食「ダルバート」。
ダルは豆スープ、バートはご飯という意味で、これにカレー風味のおかず(タルカリ)や漬物(アチャル)などがセットになった食事のこと。
ネパールでは、ほぼ毎日食べられているんだそう。
そんなネパールの家庭料理をいただくため、訪れたのは新大久保駅。
コリアンタウンとして知られているが、ネパール料理店も20軒ほどあるそうで「リトルカトマンズ」との異名も。

ワンコインダルバート5選

ネパール料理店がひしめく新大久保エリアの中でも、ワンコインでダルバートを食べられるお店は家族法人Hが見つけただけでも4軒。

  • ナングロガル「カレーライスセット 500円」(サラダ、ライス、チキンスープカレー、漬物)
  • アーガン「ダルバートセット 500円」(チキンカレー、豆スープ、野菜カレー、ご飯)
  • ラトバレ「Aセット 500円」(チキンカレー、ダルカレー、タルカリ、ライス、アチャル)
  • ネパールレストランさくら「ダルバートセット(B)500円」
  • ニュームスタング「ネパーリカナセット 500円」(ダル、ライス、野菜フライド、ピクルス、選べる1種類のカレー)

ナングロガル カレーライスセット 500円

お邪魔したのは、新大久保駅と大久保駅の間にあるネパールレストラン「ナングロガル」。
福岡に2号店、蒲田に3号店があるネパール料理の代表的なお店。
カレーライスセットは、丸い銀のプレートにチキンカレー、豆スープ、ライス、カレー風味のおかず、カレー風味の漬物がのったスタンダードなセット。これがワンコインでいただける。

家族法人Hさん(@hrmr.me)がシェアした投稿


しかも豆スープとライス、つまりダルバートはおかわり自由。
日本でいう味噌汁とご飯と言われれば、おかわり自由も頷けるが、500円は破格。
まずは一品ずつをライスと合わせながら食べ、その後、好みのものを組み合わせてライスと混ぜて食べるのがネパール流なんだとか。
おかわりのダルバートは、ライスに豆スープをぶっかけて、ネパール流猫まんまで。

他のお店でも豆スープとライス、カレースープはおかわり自由のところが多いそう。
インドカレーのお店では、ワンコインだとナンやライスのおかわりができないことが多いので、腹ペコさんにはありがたい。
ごちそうさまでした。

お店の情報

ナングロガル
住所:東京都新宿区百人町1-17-10 常陽第2ビル3F
営業時間:11:00~23:30

ワンコインランチカテゴリの最新記事