JALの国内線運賃を節約する方法まとめ

スポンサーリンク
投資・資産運用
スポンサーリンク

先得割引・スーパー先得・ウルトラ先得

1ヶ月以上先の予定をきちんと計画できる方は先得割引が使える。

搭乗日の75日前、55日前、45日前、28日前までに予約すれば、普通運賃に比べて大幅な割引になる。例えば片道40,000円の航空券が、先得では10,000円〜27,000円程度になる。

販売座席数に限りがあり、予約の変更はできない。

先得カレンダー

国内ツアー

1泊2日以上で同一路線の往復なら航空券と宿泊がパックになったツアーを利用した方がお得になることも多い。普通運賃の片道分より安い値段で往復の航空券とホテル代がまかなえる場合もあり、帰省などで宿泊場所が不要な場合でもツアーの方がお得だったりする。

例えば5日間の帰省の場合、1泊5日でツアーに申し込み、ホテルに1泊だけして残りは実家に泊まったり、ホテルをキャンセルして航空券だけ利用する荒技も。

詳しくはまた別記事で。

特便割引

出発まで1ヶ月を切っても、利用する時期や路線によっては特便割引が使える。ただし繁忙期や人気路線では席が埋まっていたり、設定がない便もあるのでたまたま空いていればラッキーくらいに思っておく方がよい。

搭乗日の21日前、7日前、5日前、3日前、前日までの予測残席数によって、普通運賃に比べて割引になる。例えば片道40,000円の航空券が、特便割引では17,000〜34,000円程度になることも。

販売座席数に限りがあり、予約の変更はできない。

株主優待(株主割引券)

出発まであまり時間はないし、もしかしたら予定が変更になるかもしれないというワガママさんでも使えるのが株主優待。
日本航空[9201]の株主優待でもらえる割引券を利用すれば、1枚で普通運賃1名分の片道1区間が50%割引になる。例えば片道40,000円の航空券が、株主割引券を利用すれば半額の20,000円になる。

販売座席数に限りはあるものの空席があれば搭乗当日の予約も可能で、搭乗便出発前であれば予約の変更や取消もできる。

株主優待の入手方法と相場

JALの株主割引券を手に入れるには日本航空[9201]の株主になるのが正攻法だが、おおむね100株につき1枚しかもらえないため初期投資にまとまったお金が必要になる。

株主になる以外にも、ネットオークションや金券ショップでも販売されていて、1枚4,500〜6,000円程度で手軽に手に入れられる。

株主優待は年2回で、それぞれ有効期限が5月31日と11月30日に設定されているので期限間近には値引きになっていることも。ANAの株主優待券に比べて高い印象だが、お店ごとの在庫数によっても変動するのでいくつかの店舗をまわって比べてから買うのがよさそう。

おともdeマイル割引

JALマイレージバンク会員(JMB会員)が10,000マイルを使って搭乗する場合に、同行者3名までが割引運賃で利用できる。例えば片道40,000円の航空券が、おともdeマイル割引では13,000円程度になる。

同行者の運賃はクレジットカード、同行者が二親等以内の場合はeJALポイントでの支払いも可能。

お盆や年末年始は使えず、予約の変更はできない。