【案件攻略】クレジットカード発行

スポンサーリンク
キャッシュレス

f:id:atashisuperdry:20160629022535p:image

公共料金の支払いやネットショッピング、コンビニでのちょっとした買い物にも使えるクレジットカードはいまや生活の必需品です。

ポイントやマイルがもらえて現金よりもお得に買い物ができることもあって、節約にも欠かせません。

クレジットカードでマイルを貯める方法

クレジットカードでマイルを貯める最も身近な方法は、決済で付与されたポイントをマイルに交換することです。そのためクレジットカードは少しでも還元率が高いものを選びたくなります。

しかし、クレジットカードには還元率よりも注目すべきことがあります。それが新規発行時にもらえるポイントです。

クレジットカードを新規に発行するだけで千単位、万単位のポイントをもらえることが多いです。数十万円分の決済で付与されるのと同じくらいの大量ポイントを一気に稼げるチャンスなのです。

クレジットカードの新規発行でもらえる2つのポイント

クレジットカード会社のキャンペーンポイント

クレジットカードの新規発行時には、クレジットカード会社が実施している入会キャンペーンなどで大量のポイントがもらえることがあります。

「新規入会で2,000ポイント」「3ヶ月以内に25万円利用で1,000ポイント」「公共料金の支払いで300ポイント」など様々なポイントプレゼントが用意されていて、すべてを満たせば数万ポイントが獲得できるようなキャンペーンも期間限定で行なわれていたりするので、新規発行のタイミングを見極めることが重要になります。

ポイントサイトの広告ポイント

クレジットカードの新規発行時には、クレジットカード会社のポイントと別にポイントサイトのポイントもダブルで獲得できることがあります。

ポイントサイトを経由してクレジットカードを発行することで、ポイントサイトで10,000円相当以上のポイントがもらえる案件もあるんです。

クレジットカード会社とポイントサイトでもらえるポイントを合算ですれば、クレジットカードの新規発行で大量のポイント、大量のマイルを貯めることができるのです。

ポイントカード経由でクレジットカードに申し込むなら、ソラチカルートでANAマイルに高レート交換できるハピタスがおすすめです。

m.hapitas.jp

クレジットカード多重申込の誘惑

クレジットカード発行は、ポイントサイトを代表する高額案件のひとつです。1枚発行するだけで大量のマイルが貯められるため、何枚も申し込みたくなります。

ただ短期間で何枚もクレジットカードやローンカードを申し込むと、カード発行の審査に不利な影響を与える可能性があります。

クレジットカード会社から見れば、手当たり次第にカードを申し込んでいる人にお金を貸したいわけがありません。一般的には月に4種類以上のカードに申し込んでいると問題視されやすくなるそうです。

クレジットカードの新規発行は半年で5枚程度を目安にするのがよさそうです。

クレジットカード発行会社や信販会社が審査のときに閲覧できるCICの信用情報には過去5年分の「滞納」や「破産」などの支払い実績情報、過去半年間の「申込件数」などの契約情報があります。延滞は以ての外ですが、通りやすそうなカードの審査に落ち場合も最低6ヶ月は新規申込を控えた方がいいそうです。

死蔵カードの注意点

何枚もクレジットカードを持っていると、なかには全く使わずに放置している「死蔵カード」ができることがあります。年会費無料カードなど負担がないからといって、眠らせたまま一度も使わないのは少し注意が必要です。

クレジットカードの信用情報に申込履歴があるのに支払履歴がないと、「審査に落ちた」か「ポイント目的で発行した」と思われる可能性があるんです。

少額でも毎月1回、最低でも解約までに1回は利用した方が、支払実績がある信用の置ける人というクレジットカードヒストリー(クレヒス)を残せます。また解約するとしても発行後1年、年会費がかかる場合は発行月を忘れないようにしてその前月まで待った方がよいそうです。

クレジットカード発行案件の攻略まとめ

クレジットカードは日々の利用でマイルを貯めるための還元率も重要ですが、入会で獲得できるマイルも大きいので、ポイントサイトやカード会社のキャンペーンをこまめにチェックしてタイミングよく発行するのが最も重要です。