月400円で年金が増える!! 国民年金の付加年金制度

スポンサーリンク
税金・保険
スポンサーリンク

個人事業主必見の年金制度「付加年金」

自営業や個人事業主をやっていると収入が安定しない上に、会社員や公務員に比べてもらえる年金が少ないことも将来への不安を高める原因になっています。

個人型確定拠出年金や個人年金保険で資産運用する方法もありますが、国民年金にわずかな金額をプラスするだけで受け取れる年金を増やす方法があるんです。それが「付加年金」です。

付加保険料の納付のご案内|日本年金機構

付加年金の基礎知識

国民年金の保険料に月400の付加保険料を加えて納付するだけで、将来もらえる年金に付加年金が上乗せされるんです。その金額は「200円×付加保険料を納付した月数」となっています。

20歳から60歳まで40年間(480月)、付加保険料を納めた場合
  • 納付額 400円×480月=192,000円
  • 受取額 200円×480月=96,000円/年
40歳から60歳まで20年間(240月)、付加保険料を納めた場合
  • 納付額 400円×240月=96,000円
  • 受取額 200円×240月=48,000円/年

付加年金を2年受け取れば、支払った付加保険料の元が取れるんです。付加年金は一生涯受け取れますから、3年目以降は全額丸儲け!長生きすればするほどお得な制度になっています。

月400円で買える老後のぬくもり

2016年度現在、国民年金の受給額は年780,100円です。1ヶ月あたり65,000円ほどしか使えません。いまのうちから月400円の付加年金を納めておけば、この基礎年金に1ヶ月あたり数千円プラスすることができると考えれば、老後の不安も少しは解消されるのではないでしょうか。

付加年金の申込方法・納付方法

付加年金は市役所、区役所、町村役場で申し込めます。

国民年金保険料に付加年金保険料を合算して、納付書や口座振替、クレジットカードで支払うことができます。国民年金を前納している場合は、付加年金保険料だけの納付書で支払うことができます。保険料は加入した月から支払うことになります。

途中で厚生年金や共済年金に変わったりした場合でも、それまでに納めた金額に応じた付加年金がもらえるため、1ヶ月だけ加入しても年200円ですがもらえることはもらえて2年で元が取れます。

付加年金の注意点

ただし1つだけ注意点が。国民年金基金に加入している人は付加年金保険料を納められません。これは国民年金基金の1口目に付加年金相当が含まれているためなので、国民年金基金に加入しているということはすでに付加年金に入っているのと同じだと考えればよいでしょう。

http://3.bp.blogspot.com/--qqJ5m7XdB4/UpGGaSU-UnI/AAAAAAAAa4w/A6geCiDHlRQ/s800/nenkin_techou_blue.png