休日のこと

スポンサーリンク

学生はええよな。1年の半分くらいは休みやもんな。

大学生は春休みが60日、夏休みが30日、冬休みが15日。これに週休2日と大型連休が加わって、年間190日ほども休みの日がある。大学に行く日は175日、つまり1年の半分以上が休日なのだ。

これが一歩でも社会に出ようものなら、夏休みはお盆休みに、冬休みは年の暮れと正月休みに短縮され、春休みにいたっては暦から消し去られてしまう。

全然、休みないやん。日本人は働きすぎって言うもんな。

そんなことはない。おとなだって数えてみれば、意外と休みは多い。1年は52週あるので、週休2日なら104日が休みだ。さらに、日本の祝日は年間15日ある。これに盆暮れ正月を合わせれば、3日に1日、つまり1年の3分の1は休めていることになる。

しかも時代の流れは、残業あかん。有給取れ。年次有給休暇は、勤続年数6.5年以上で20日も取れる権利がもらえる。ざっくり週休3日である。

フリーランスも週4日くらい働いて生活できるレベルを目指すのがええんかもね。

コラム
スポンサーリンク
HRMR.me編集部をフォローする
HRMR.me