【案件攻略】楽天ANAマイレージクラブカード

【案件攻略】楽天ANAマイレージクラブカード

2016年2月に楽天カード初の提携カード「楽天ANAマイレージクラブカード」が誕生しました。

楽天ANAマイレージクラブカードの基本スペック

楽天ANAマイレージクラブカード

f:id:atashisuperdry:20160709152249p:plain

年会費 初年度無料/2年目以降 500円(税別)
(2年目以降も年1回の利用で無料)
国際ブランド JCB/VISA/Master
マイル還元率 0.5%
ポイント付与

モバイルSuica, ICOCA, nanaco(JCBのみ)
楽天Edy

ANAカードではなく、AMC提携カードなので入会・継続時や搭乗時のボーナスマイル特典はつきません。楽天カードと楽天ポイントカード、楽天Edy、ANAマイレージクラブの4つの機能が1枚になったカードです。

楽天カードと楽天ANAマイレージクラブカードの違い

楽天ANAマイレージクラブカードの年会費は初年度無料、2年目以降も年1回でも利用すれば年会費が無料になります。楽天カードは年会費永年無料ですが、楽天ANAマイレージクラブカードもかなりハードルの低い条件なので実質永年無料と言っていいと思います。

券面デザインはシルバーとピンクから選べます。一般カードのみの発行で、「楽天プレミアムカード」や招待制の「楽天ブラックカード」に対応するカードはありませんので上位カードを目指す方には向きません。

楽天ANAマイレージクラブカードの最大の特徴は「ANAマイルコース」を選ぶと決済でもらえるポイントがマイルで貯められるところです。カード決済200円(税込)につき1マイルなので、マイル還元率はANA一般カード(5マイルコース)と同じ0.5%で、移行手数料もかかりません。

もともと楽天スーパーポイントは2ポイント=1マイルに交換できるので、楽天ANAマイレージクラブカードのメリットとしては、移行する手間が省けることです。

あとは券面に「ANA」ロゴと「ANA MILEAGE CLUB」の文字が刻まれていることがコレクター欲をそそるところでしょうか。

ANAカードの一部機能も付いてくる

楽天ANAマイレージカードを持っていれば、ANAカードホルダーと同様にANA国内線利用時に搭乗手続きなしで保安検査場に進める「スキップサービス」が使えます。

いまならハピタス×入会キャンペーンが超お得

2016年7月19日までに楽天ANAマイレージクラブカードに新規入会して、楽天e-NAVI登録と1円以上の利用で楽天スーパーポイントが7,000ポイントもらえるキャンペーンを実施中です。

f:id:atashisuperdry:20160709154453p:plain

ハピタス経由で申し込めば、入会キャンペーンに加えてさらに7,000pt(ソラチカルートで6,300マイル)がもらえます。

まだ楽天カードを持っていないという方は大チャンス!! いますぐハピタスに登録して案件をこなせば大量マイルが獲得できます。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

☝︎ハピタスへの登録はこちらから

すでに 楽天カード会員の方も楽天ANAマイレージクラブカードへの切り替えができます。ただし切り替え手数料1,000円(税別)がかかるのと、カード番号も変更になるので注意が必要です。 

クレジットカードカテゴリの最新記事