フレッシュネスバーガーでもANAダイナースクラブカードがお得

スポンサーリンク
ダイナースクラブカード
スポンサーリンク

フレッシュネスバーガーでANAダイナースクラブカードは使える?

フレッシュネスバーガーでは、基本的にANAダイナースクラブカードをはじめとした各種クレジットカードでの支払いはできません。

ANAダイナースクラブカードなら楽天Edyも使える

一部店舗では電子マネーなら使える

フレッシュネスバーガーでは、基本的に現金もしくは独自のプリペイド型電子マネー「フレッシュネスカード」でしか支払いができません。ただし、店舗によっては各種電子マネーでの支払いに対応している場合もあります。

  • 楽天Edy(一部店舗)
  • 交通系電子マネー(Suica、PASMOなど)(一部店舗)
  • iD(一部店舗)
  • nanaco(一部店舗)
  • WAON(一部店舗)

楽天Edyが使える店舗なら、ANAダイナースクラブカードでチャージした楽天Edyで支払えば、チャージと利用で実質100円につき1マイルがもらえます。
プロパーのダイナースクラブカードでは電子マネーのチャージはポイント対象外ですが、ANAダイナースカードは、楽天Edyのチャージでもポイントがもらえます。200円につき1ポイントなので、通常の還元率からは半減してしまいますが、楽天Edyの利用でも200円につき1マイルもらえるので、マイル還元率は合計1.0%になります。

東京23区で楽天Edyが使えるフレッシュネスバーガー[2018年10月調べ]

  • 品川グランパサージュ店
  • 日本橋明治座前
  • 浅草橋店

まだまだ少ないですが、今後増えてくれると便利になりますね。