牛丼チェーンのキャッシュレス決済

スポンサーリンク

小さな家族の皆さん、牛丼店での支払いはどうしていますか?

うちの家族では、可能な限りクレジットカードか電子マネーで支払っています。理由はもちろん、ポイント還元があるから。クレジットカードや電子マネーをうまく活用すれば、ポイントの二重取りや三重取りができて、現金で支払うよりもお得になるのは、いまや常識! たとえ数百円の飲食でも、現金で支払う人だけが損をします。

そこで、牛丼店のキャッシュレス導入度を調べてみました。

スポンサーリンク

牛丼チェーンの支払い方法は?

吉野家 松屋 すき家 なか卯
クレジットカード
(羽田空港店、成田空港店)

(順次導入中)

(ごく一部)
楽天Edy
(沖縄全店、SA・PAの一部店舗)
交通系電子マネー
(一部店舗)
iD
nanaco
WAON
(イオン施設内の店舗)
QUICPay
(ごく一部)
その他電子マネー CooCa
Tポイント
dポイント
Ponta
Rポイント(楽天スーパーポイント)
その他ポイントサービス
QRコード決済 AliPay
商品券 ジェフグルメカード 楽券
株主優待券

よほど牛丼の味にこだわりがある人でなければ、キャッシュレス化が進んでいる「すき家」さんで食べるのがおすすめです。