定価販売が基本の書籍・雑誌代を節約する方法

スポンサーリンク
生活費・節約

家電や食料品は割引価格で売られているうえ、値引き交渉までできることもあるのに、なぜ本は定価でしか買えないのか?
それは、書籍や雑誌は、再販売価格制度(再販制度)によって、定価販売が義務付けられているから。では書籍や雑誌代を節約する方法はないのかというと、否である。

壁一面の本棚を埋め尽くすことに満足感を得る収集家や、買うこと自体でエクスタシーに達する積読家、同じ資料をいつでも何度でも読み返したい研究家でなければ、まずは図書館を使ってみることをお勧めする。

スポンサーリンク

図書館で借りる【無料】

図書館を利用すれば、新刊本や雑誌も無料で読んだり、借りたりできる。
最近では、コミックやCD、DVDなどを貸し出している図書館もある。
なかでも最も身近なのが、市区町村などの公共図書館で、その地域に在住・通学・通勤している人にとっては手軽に利用できる便利な場所だ。

国立・公立図書館

日本最大の図書館は国立国会図書館。
東京都内には、約390館の区市町村立図書館がある。

主な公立図書館

施設名 住所 開館時間 所蔵資料
国立国会図書館 千代田区永田町1-10-1 10:00~21:00
日祝、第3水曜休
蔵書数 約970万冊
総収蔵数 3841万点
※2013年3月末現在
都立中央図書館 港区南麻布5-7-13 月〜金 9:30~19:00
土日祝 10:00〜17:30
図書 約186万冊
雑誌 約7,000種
新聞 約1,000紙
目黒区民センター図書館 目黒区目黒2-4-36 火〜土 9:00~19:00
日祝 9:00〜17:00
月曜、点検期間休

※国会図書館・都立図書館の資料は、区立図書館を通じて申し込めば、貸出利用できる。

私立・専門図書館

公立図書館や学校図書館以外にも、特定の分野に特化した資料を扱う専門図書館があり、無料で利用できる施設も多い。

主な専門図書館

東京、専門図書館リスト|Time Out Tokyo

ただ、図書館の本は多くの人が利用しているため、日焼けや手垢、傷みがひどいことも。潔癖でそんな本は捲れないという方は、次の方法を試してみるのもいいだろう。

ブックカフェで読む【無料+コーヒー代】

STARBUCKS Book & Café

スターバックスBook & Café
STARBUCKSとTSUTAYAのコンセプトストア。
購入前の本や雑誌をスターバックスコーヒー店舗内で読むことができる。

主な店舗

店名 住所 営業時間 席数
代官山 蔦屋書店 渋谷区猿楽町17-5 7:00~26:00 123
TSUTAYA TOKYO ROPPONGI店 港区六本木6-11-1 7:00~28:00 161
TSUTAYA 神谷町駅前店 港区虎ノ門5-2-5 7:00~23:00 68

ブックカフェ

コーヒーや軽食が頂きながら、店内の本を読むことができるブックカフェ。
東京、ブックカフェ 20選|Time Out Tokyo

借りて帰れないことと、コーヒー代がかかることがネックにならないのであれば、書斎代わりに利用できる贅沢な場所である。
ここからは、新品の本を定価より安く“買う”方法を紹介していく。

図書カードで買う【2%OFF〜】

図書カード
全国共通図書カードは、日本図書普及株式会社が発行する本と雑誌のプリペイドカード。カード読取り端末機が設置してある全国の書店で利用できる。
書店では額面金額での購入になるが、金券ショップなどでは2〜5%ほど安く買えるため、そこで購入したカードを利用すれば、実質割引価格で本を購入することができる。

株主優待を使う【5〜10%OFF】

株式会社文教堂グループホールディングス

文教堂
文教堂書店は、関東地方を中心に220店舗を展開する日本最大の直営書店チェーン。100株以上の株主が年2回発行される株主優待カードを提示すれば、所有株数に応じた割引を受けられる。対象商品は、書籍・雑誌・文具・PCソフト・音楽CD・ゲームソフトで、現金払いのみ。

優待割引率

100株以上~ 5%割引
1,000株以上~ 7%割引
10,000株以上 10%割引

[株主優待]株主優待|文教堂書店
[株価情報]文教堂グループホールディングス|Yahoo!ファイナンス

都内の主な店舗

渋谷店 渋谷区渋谷1-24-10 10:00~26:00
広尾店 港区南麻布4-1-29 10:00~21:00
赤坂店 港区赤坂2-14-27 10:00~22:00

ルミネ店内の書店で買う【5〜10%OFF】

ルミネカード
ルミネカードでの支払いで、ルミネ各店に入っている書店での購入がいつでも5%OFFに。また年4回のキャンペーン期間には10%OFFになる。

都内の主な店舗と書店

ルミネ池袋店×KUMAZAWA BOOK STORE
ルミネ新宿店×ブックファースト
ルミネエスト×ヴィレッジヴァンガード

書店のポイントサービスを使う【1%還元〜】

大手書店などでは独自のポイントカードを発行していて、購入100円につき1ポイントが貯まり、1ポイント=1円として利用できることが多い。これを利用すれば購入代金の1%が還元され、実質割引を受けられる。よく利用する書店のポイントカードなら、作っておいて損はない。

hontポイント

hont会員カードに登録すれば、ハイブリッド書店hontoと全国の提携書店で100円(税抜)につき、1ポイント貯まる。貯めたポイントは、1ポイント=1円相当で使える(50ポイントから利用可能)。

hontポイントサービス提携書店

丸善、ジュンク堂、文教堂

ポイントカードがある主な書店

紀伊国屋書店
ブックファースト
LIBRO
三省堂書店

ポイントサイト+オンライン書店

楽天ブックスやbooxなどのネット書店でもポイントサービスを行なっている。還元率はおおむね1%だが、オンラインポイントサイトを経由して、オンライン書店で購入することでポイントの2重取りができ、実質2%程度の割引が受けられる。

定期購読する【最大70%OFF】

毎号必ず買う雑誌なら、定期購読すれば割引を受けられることが多い。

Fujisan.co.jp

Fujisan.co.jp
10,000誌以上を取り扱う日本最大級の雑誌オンライン書店。
送料無料の他、定期購読の期間によって特典や割引を受けられる。
【お得】割引価格の定期購読|Fujisan.co.jp

主な取扱雑誌

週刊ダイヤモンド、ダ・ヴィンチ、日経トレンディ、サイゾー、Tarzan、BRUTUS、Soup.、SWITCH、Pen、…and more

古本屋で買う

書くまでもないが、古本屋なら、希少本でないかぎり定価より安く購入することができる。

その他の方法

あとは学生なら、再販制度で規制されない「生協」とか、10%ポイント還元される「Amazon学割」とか。書評ブロガーとして名を馳せれば「献本」とか。

画像引用元

Book &Café | スターバックス コーヒー ジャパン
書店販売の図書カード | 全国共通図書カード
文教堂書店渋谷店
雑誌のFujisan.co.jp|雑誌・定期購読専門オンライン書店