ドイツだけじゃない!!フランス生まれのおすすめボードゲーム5選

シェアする

ボードゲームというと1980年代に本場がアメリカからドイツに移って以降、すっかりドイツのものという印象が強いが、どっこいフランスだって負けていない。

さすが芸術の都パリを首都にもつ国だけあって、ドイツともひと味違ったおしゃれなボードゲームが生まれている。そのなかからおすすめのゲームを紹介したい。

Quarto! クアルト


16個の駒を交互に並べ、色・形・高さ・穴の有無のどれかで一列揃えれば勝ちという、いわゆる四目並べなのだが、盤上に置く駒を相手が選ぶところが最大の特徴。

1993年ドイツゲーム大賞 ノミネート

出版社:Gigamic社
出版年:1991年
デザイナー:Blaise Muller

Blokus ブロックス


自分の色のピースをつないで陣地を広げる陣取りゲームだが、ピースを辺ではなく点でつながなければならないところが特徴。

2002年ドイツゲーム大賞 ノミネート

出版社:Sekkoia社
出版年:2000年
デザイナー:Bernard Tavitian

Marrakech マラケシュ

自分の色の絨毯を敷いて商人からお金を集める陣取りゲーム。絨毯のコンポーネントが布製なところにこだわりが感じられる。

2008年ドイツゲーム大賞 ノミネート(独リメイク版「Suleika ズライカ」)

出版社:Gigamic社
出版年:2007年
デザイナー:Dominique Ehrhard

Dixit ディクシット

不思議な絵が描かれたカードから、テラーが連想したワードを元にどのカードかを推理するコミュニケーションゲーム。

2010年ドイツゲーム大賞 大賞

出版社:Libellud社
出版年:2008年
デザイナー:Jean-Louis Roubira

HANABI 花火

自分の手札が見えない状態で互いにヒントを出し合って、より多くの色の花火を打ち上げられるかに挑戦する協力型ゲーム。

2013年ドイツゲーム大賞 大賞

出版社:Cocktail Games社
出版年:2010年
デザイナー:Antoine Bauza

Timeline タイムライン

カードに描かれた出来事を正しい年代順に配置していくシンプルなルールのゲーム。

出版社:Asmodee社
出版年:2010年
デザイナー:Frédéric Henry

あ、6個だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


日々の倹約、たまの贅沢。の最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク