ANAマイラーが決済に使うなら「ANA VISAワイドゴールドカード」一択!? みんながメインカードに選ぶ理由まとめ

スポンサーリンク
コラム

こんにちは!

ANAマイラーの幸左衛門です。

f:id:atashisuperdry:20160703012924p:plain

ANA陸マイラーにとって「ソラチカカード」と並んで持つべきクレジットカードがもう1枚あります。それが「ANA VISAワイドゴールドカード」です。

その理由を紹介したいと思います。

カードの基本スペック

ANA VISAワイドゴールドカード 

f:id:atashisuperdry:20160711233434p:plain

年会費 14,000円(税別)
マイル還元率

1,000円=10マイル(1.0%)
移行手数料無料

ボーナスマイル 入会・継続 2,000マイル
搭乗積算率 25%
電子マネー iD(ポイント対象), Edy, PiTaPa
特典 空港ラウンジ

ANA VISAカードの入会資格は「満20歳以上」で「安定継続収入のある方」となっています。詳しい審査基準は公開されていませんが、それほど高いハードルでもないと言えます。

ゴールドカードを選ぶ理由

ANAカードには一般カード、ワイドカード、ゴールドカード、プレミアムカードがあります。年会費が安い一般カードではなくゴールドカードを選ぶ理由はどこにあるのでしょうか?

マイル移行手数料が無料

ANA一般カードやANAワイドカードでは貯まったポイントをマイル還元率1.0%で移行する都度、5,000円〜6,000円(税別)のマイル移行手数料が必要になります。ANAゴールドカードなら移行手数料なしで何度でもマイルに移行できます。

ANA VISAワイドカードの年会費と移行手数料を合計すると7,250+6,000=13,250円(税別)になり、移行手数料無料のANA VIAワイドゴールドカードの年会費14,000円(税別)と1,000円ほどしか変わりません。

入会・継続ボーナスマイルが2倍

新規入会や毎年のカード更新時にもらえるボーナスマイルが、ANA一般カードでは1,000マイルなのに対してANAゴールドカードでは2,000マイルと2倍になります。

VISAを選ぶ理由 

ANAカードの国際ブランドはJCB、VISA、Master、AmericanExpress、Dinersがあります。しかもJCB、VISA、MasterのANAワイドゴールドカードは年会費も同じ14,000円(税別)です。わざわざVISAを選ばなければならない理由はどこにあるのでしょうか?

年会費が割引になる

JCBやMasterなど他のブランドにはないVISAだけのサービスが年会費割引特典です。WEB明細サービスとマイ・ペイすリボへの登録で年会費14,000円(税別)が9,500円(税別)になります。

条件 割引内容
WEB明細サービス登録
年6回以上の請求
翌年度以降
1,000円+税 割引
マイ・ペイすリボ登録
1回以上の利用
初年度から
3,500円+税 割引

ANAカード 年会費割引特典|クレジットカードの三井住友VISAカード

年間決済額に応じて翌年度マイル増量

VISAでは前年度の決済額に応じて、翌年度の決済額にボーナスポイントが付与される制度があります。

例えば前年度の決済額が100万円で翌年度も100万円利用した場合、通常ポイント1,000ポイントとは別にボーナスポイントが300ポイントの合計1,300ポイントがもらえます。

ただ通常ポイントは1ポイント=10マイルですが、このボーナスポイントは1ポイント=3マイルでしか移行できません。これでもマイル還元率は1.09%に増量できますが、さらに増やす方法があります。

ここで登場するのがソラチカルートです。ポイ探でサーチすると、Gポイント経由*1のソラチカルートで移行すれば、時間はかかりますが1ポイント=4.455マイルになります。

f:id:atashisuperdry:20160712090340p:plain

つまり1,300ポイントが1,000ポイント=1万マイル、300ポイント=1,260マイルで移行できることになります。

初年度のマイル還元率は1.0%ですが、翌年度以降は前年の決済額によってマイル還元率1.126%に増量できるのです。

ボーナスポイント|クレジットカードの三井住友VISAカード

マイ・ペイすリボでさらにマイル増量も可能

この方法はリボ払い手数料(金利)が発生したり、毎月の支払い額の調整が必要だったりするので、その手間をかけてもマイルを増やしたい方は活用するとよいでしょう。

マイ・ペイすリボに登録し、リボ払い手数料が発生すると決済でもらえるポイントが通常ポイント1倍+ボーナスポイント1倍=2倍になります。

ボーナス分をソラチカルートで移行すれば、通常分と合わせてマイル還元率は1.4455%にまで押し上げられます。さらにステージボーナスと合わせれば前年度決済額が50万円以上/100万円以上/300万円以上で、それぞれ1.52%/1.56%/1.69%になります。

 

いかがでしたか?

なるべくならクレジットカード決済でもたくさん貯めたいマイル。ANAマイラーがこぞってANA VISAワイドゴールドカードを選ぶ理由はこんなところにあったんですね。 

*1:2016年4月25日からGポイント→メトロポイントの交換には5%の手数料がかかるようになったので「ANA VISAワイドゴールドでマイル還元率最大1.71%」の理論値は再計算の必要が出てきました。